ブライダルドック
医院名 川口クリニック
住所 〒604-8176
京都府京都市中京区御池通室町東入竜池町448-2
アクセス 京都市営地下鉄烏丸御池駅 2番出口より徒歩1分
電話番号 075-222-8727
eメール info@kawaguchi-clinic.net
川口クリニック

婦人科検診・予防接種

子宮頸がん予防ワクチン

子宮頸がん予防ワクチンとは

発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)の感染から長期にわたり予防します。 海外では、すでに100ヵ国以上で使用されています。

子宮頚部の前かん病変やがん細胞を治すというものではなく、あくまでもワクチン接種後にHPV感染を防ぐものです。

サーバリックスとは

子宮頸がんは発がん性をもつ、ハイリスクHPVの持続感染が主因と考えられ、その型には13~15種類ありますが、なかでも16型と18型が悪化スピードも速く、がん化しやすい型です約70%を占めるといわれています。 サーバリックスはこの2種類の感染をほぼ100%防ぐことができます。 感染する前に接種を行っておく必要がありますので、早い時期に接種しておくのが良いです。

子宮頸がん予防ワクチンの接種方法

  • 計3回の接種が必要です。(接種時期は右図を参照してください。)
  • 上腕の筋肉内に接種(注射)します。
  • ワクチン接種後、注射部位が痛んだり、少し腫れる場合もありますが、通常は数日で治ります。

■1回目接種               

■2回目接種(1回目接種の1ヶ月後)

■3回目接種(1回目接種の6ヶ月後)

例)1回目を4月に接種したら、2回目は5月、3回目は9月に接種となります。

子宮頸がん予防ワクチンの費用

◆ 1回ずつお支払いの場合    毎回¥16,000(税込み)
◆ 3回分一括でお支払いの場合    ¥47,000(税込み)


【公費助成】

京都市の場合、中学1年生~高校1年生に限り公費助成が受けられ、3回接種の全額が無料となります。
京都市以外の京都府下や他府県にお住まいの方は住民票のある市役所等で、公費助成の有無、京都市内の医療機関での接種も可能か等をお尋ね下さい。

子宮がん検診

市民がん検診(症状のない方)

子宮がんには、子宮頸がんと子宮体がんがあります。
京都市民の20歳以上の方は、市民がん検診制度の利用で検査を受ける事ができます。
この場合、検査結果は約1ヵ月後に検査機関から郵送されます。


◆自己負担:子宮頸がん検査   ¥1,000/子宮頸がん + 体がん検査  ¥1,700
※子宮体かん検査は医師が必要と判断した場合のみ追加されます。

◆無料クーポン:無料受診券及び健診手帳が送られてきた方は、費用負担なく子宮頸がんの検査を受けることができます。(体がん検査は含まれません)
※有効期限がありますのでご注意下さい。
※期限を過ぎたり、引越しなどで市外に転出されますと使えません。
※京都府下、他府県の方は各市町村にお問合せ下さい。


保健扱いの子宮がん検査・・・症状のある方

何らかの症状があり、子宮膣部びらん等が認められる場合は、年齢や生まれ年にかかわらず、検査及び治療に保険が適用されます。

検査結果は1週間後に来院いただき、医師から説明させていただきます。

ブライダルレディースドック

これから結婚をひかえている方、あるいはそう遠くない将来結婚を予定している方は、この先、妊娠の弊害となるような婦人科的疾患(例えば、性器感染症、子宮筋腫、卵巣のう種など)の有無を、あらかじめチェックしておくことをお勧めします。 

ブライダルドック

一般レディースドック(子宮癌・卵巣癌検診)

総合的な健診を受診する機会が比較的少ない女性のために、人間ドック的な主要健診項目に加え、女性特有の疾患(子宮癌、卵巣癌など)や、年齢とともに変わっていく身体の状態をキメ細かにチェックいたします。

ページトップへ

お知らせ

 7月17日(月・祝)は祇園祭山鉾巡行の為、休診いたします。
 なお、8月15日(火)・16日(水)はお盆休みとさせて頂きます。


          

診療時間・休診日


診療時間
午前9:30~13:00
土曜~13:30
祝日も午前のみ診療します
午後17:30~20:30
※水曜、土曜、祝日午後休診

休診:日曜、水曜/土曜/祝日午後


午前




午後